FC2ブログ
2021 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 06

近鉄名古屋線 千代崎駅、鼓ヶ浦駅

 【07//2021】

塩浜駅を後にしここから普通列車伊勢中川行きに乗ります。
DSC_6984_convert_20210221225608.jpg



夏空の元名古屋線の長い直線を走ってますが
大阪線のように背の高い架線中でなくごく普通な高さなのが残念です。
DSC_6994_convert_20210307104114.jpg



ひとつ前の伊勢若松駅で待避後千代崎駅にやってきました。
DSC_6999_convert_20210307105802.jpg




ホーム長が短く各駅停車しか停まらず上屋も伊勢中川寄りにわずかにあるだけです。
DSC_7005_convert_20210307110652.jpg




着いて時間が経過しない内に名古屋行きのアーバンライナーが通過していきます。
DSC_7010_convert_20210307111042.jpg



直後名古屋始発のアーバンライナーが高速で通過していきました。
もしかしたらこの辺りで離合するポイントがあるかもしれませんね。
DSC_7015_convert_20210307111305.jpg



上屋支える支柱も独特な形状をしており上でクロスしてます。
DSC_7030_convert_20210307130252.jpg



昔ながらの造り付けの長椅子が設置されてるのがいいですね。
近鉄名古屋線は幹線ですが所々に古いものが残ってます。
DSC_7034_convert_20210307111533.jpg



反対の名古屋方面はベンチがあるだけで両ホームの椅子の対比を見るのも面白いですが
長椅子の方が映えてしまうと思ってるのは俺だけでしょうか。
DSC_7001_convert_20210307111446.jpg



改札を出て駅舎内に入るとかつて窓口や出札業務が行われてた形跡があります。
2010年代に無人化され同時に自動改札機が設置されました。
DSC_7025_convert_20210307131640.jpg




逆光気味ですが茶色の瓦屋根の木造駅舎が建っておりローカル線の空気が漂ってます。
DSC_7026_convert_20210307132146.jpg



改札入ってすぐの場所からのアングルで両ホームは構内踏切で結ばれてます。
橋上駅や高架駅でない駅は跨線橋が設置されてますが近鉄の地上駅は少ないです。
DSC_7029_convert_20210307132601.jpg



次の列車が来てしまったのでぼちぼち切り上げこれに乗ります。
DSC_7038_convert_20210307133423.jpg



次は鼓ヶ浦駅にやってきました。
DSC_7107_convert_20210307134446.jpg


対面式のホームですがさっきまでいた駅と異なり跨線橋が設置されてます。
DSC_7114_convert_20210307135255.jpg



伊勢志摩ライナーが通過しましたが撮影した時の時間を見て
名古屋を9:25に発車した速達タイプの列車でした。
かつての名伊特急(名古屋~伊勢志摩)の速達は宇治山田までノンストップでしたが
時代が変わり津と伊勢市に停まるようになりました。
近鉄名古屋駅のパタパタ回転するソラリー式があった時代の案内に
NON-STOP表示の行き先にワクワクしたのを覚えてます。
DSC_7118_convert_20210307141910.jpg



上屋が2つあり改札寄りの屋根下の上屋は近鉄生駒線の駅で見かけたものと同じ形状です。
DSC_7121_convert_20210307143415.jpg



千代崎駅同様こちらも無人駅で自動券売機は1つしかありませんが駅舎内は広いです。
DSC_7140_convert_20210307143549.jpg




左右にベンチが4つずつ設置されてますが誰もいなくて静かに時間が過ぎてます。
DSC_7141_convert_20210307143644.jpg



1915年開業し現在の場所に10年後移設し現在に至ります。
立派な木造駅舎が建っており地方ローカル線の主要駅で見かけるような建物です。
DSC_7134_convert_20210307144030.jpg



横に使われなくなった臨時改札のラッチがあり
これはかつて海水浴客輸送を捌くために設置され急行も臨時に停まってた名残です。
さっきの駅舎だけでも往時の様子を偲ばせる雰囲気があります。
DSC_7133_convert_20210307144118.jpg



時刻表を見ると日中は毎時3本・おおよそ20分毎でありますが
駅巡りする上で時間配分の面で難しく20分ですと駆け足で巡らなければならず
1本後の40分ですと余ってしまうので難しい選択を迫られ
それを思うと30分毎に慣れてしまってるのも理由かもしれません。
DSC_7108_convert_20210307144552.jpg



鈴鹿市内にある小駅を2つ訪問し四日市行きの普通に乗り一旦戻ります。
DSC_7124_convert_20210307142658.jpg



撮影日:2020年8月15日
カメラ:Nikon D500+AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR
+AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
+AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR


いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 近鉄電車

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 近鉄 名古屋線 木造駅舎 駅めぐり 三重県

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する