FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

南海難波駅で撮り鉄大会

 【10//2020】

大阪で一泊し次の日は昼過ぎまで時間があったので
南海難波駅にやってきました。
久しぶりの訪問で目的は列車の撮影をするためです。
DSC_1042_convert_20200501051733.jpg



南海電鉄の始まりの駅にしてターミナルであるので
ずらーっとホームが並びたくさんの列車が発着します。
DSC_1059_convert_20200501051751.jpg



最初は本線の列車からいきましょう。
9:54発空港急行関西空港行きは南海電鉄の最新車8300系で
8000系と似てるようで似てなく近畿車輛で製造されたのもポイントです。
DSC_1047_convert_20200501062945.jpg



普通列車和歌山市行きは1000系のトップナンバーで
ステンレス車体ですがフル塗装を施してるのでアルミや鋼製車と変わりないですね。
DSC_1093_convert_20200501063042.jpg



特急サザンの自由席が古豪7100系の時は10000系と組み。
DSC_1051_convert_20200501063025.jpg



8000系の時は12000系と組みます。
DSC_1096_convert_20200501063124.jpg


一度レンズを付け替え12000系を撮ってみましたがこれが精一杯でした。
DSC_1084_convert_20200501063226.jpg


その先には柵が付けれらており俺も何年か来てなかったので知らなかったんですが
いつの間に付けたんかい!と突っ込みたくなる心境でした。
DSC_1085_convert_20200501063316.jpg



本線の列車は一旦中断し高野線の列車を見ていきましょう。
行先は泉北高速鉄道和泉中央行きですが南海の現役の車両で最年長の6000系。
1962年に製造され58年に渡り第一線で活躍してきましたが
去年11月8300系登場しこれから置き換えていき2023年に勇退します。
DSC_1058_convert_20200501063331.jpg


我が国初のオールステンレス車は
造りや構造なのが最近出た車両に比べ重厚なのが特徴で
大手私鉄で片扉の車両と言いますと京阪の8000系しか見かけません。
DSC_1062_convert_20200501064202.jpg



改良型である6200系は1974年にデビューし貫通扉を思わせる先頭車が特徴ですね。
45年以上走ってますがまだまだ活躍しそうであるのは間違いありません。
DSC_1066_convert_20200501070349.jpg




高野線は泉北高速鉄道の車両も乗り入れます。
前日の阪堺電車の車両でもあった桃山学院大学のラッピングをした5000系が入ってきました。
DSC_1080_convert_20200501052254.jpg



泉北の3000系は6200系をベースにして製造されました。
DSC_1115_convert_20200501051631.jpg


ステンレス特有のコルゲートも入っておりステンレス車マニアには堪らず
SENBOKUのロゴが中百舌鳥から泉北線に行きますと主張してます。
DSC_1117_convert_20200501070458.jpg


コルゲートがついており昭和の時代に造られたと思いきや
平成元年東急車両で製造したという銘鈑がつけられてました。
2012年にJR東日本の子会社である総合車両製作所に譲渡されるまで
東急電鉄を中心にたくさんの車両を製造しましたが
近畿車輛・川崎重工が主のこの地域でかつ関西の大手私鉄で唯一取引がありました。
DSC_1129_convert_20200501070823.jpg



南海電車は有料特急も充実してます。
特急こうやは2形式が走りますが貫通扉のついた31000系は
20世紀末に製造されましたがVVVF制御は採用されず
廃車となった車両の機器類を再利用してます。
DSC_1065_convert_20200501051342.jpg




高野線のクイーンと呼ばれている30000系は前面展望が出来
山岳区間の車窓を楽しみながら旅するのもいいですね。
デビューから35年以上経過してますが置き換えの噂は出てません。
DSC_1165_convert_20200501051416.jpg




11000系は特急りんかんの車両ですが・・・。
鉄道車両としては珍しいゴールドカラーに染まっており泉北ライナーという列車です。
DSC_1108_convert_20200501051525.jpg



行先と列車の方向幕も表示され初めて見ますが
空白期間の間に泉北線向けに特急列車が誕生してたのは初めて知りました。
DSC_1107_convert_20200501051503.jpg




そして関空特急ラピートが撮り鉄大会のトリをしめてもらいましょう。
DSC_1135_convert_20200501050726.jpg



鉄仮面、鉄人28号の愛称で親しまれてる車両と
前日浜寺公園で再会しましたがこの駅で見かけるのも久しぶりです。
DSC_1144_convert_20200501050747.jpg



関西空港開業25周年記念のステッカーが貼っており節目の年でありました。
近年インバウンドの効果もあり一時期の低迷から脱却しかけましたが
一連の武漢コロナ渦で4月24日から減便してます。
緊急事態宣言が解かれまもなく1ヶ月を迎えようとしてますが
本当の再建はまだまだ先になるのは言うまでもありません。
DSC_1148_convert_20200501050854.jpg


この日は即位礼正殿の儀に伴い祝日での運転でした。
俺も4連休の最後の日のわずかな時間を使いこの駅で撮り鉄しましたが
2019年限定?旗日の日にこうして旅を出来た喜びをかみしてました。
DSC_1139_convert_20200501050340.jpg


ポスターには南海加太さかな線のめでたいでんしゃの紹介がありました。
一昨年のお盆休み初日に乗りまして和歌山港行きがまさかの
めでたいでんしゃさち号に乗り両方制したと思いきや息子がデビューしました。
和歌山市は3つ目の赤いなな号は乗りたいですが
和歌山電鐵のたま電車初めのユニークな列車もあるので選ぶのに苦労します。
DSC_1074_convert_20200528232707.jpg



1933年竣工の昭和初期に建てられた駅ビルは私鉄ターミナルに相応しい歴史があります。
阪急梅田駅や大阪阿部野橋駅の駅ビルが立て替えられましたが
これからもずっとなんばの街を見守ってほしいです。
DSC_1175_convert_20200501050432.jpg



最後の最後に御堂筋通を歩き大阪のシンボルの一つグリコの看板にやってきました。
隣の戎橋からですと人通りが多すぎてゆっくり見れないのでここからの見物にしました。
阪堺電車に乗り高師浜線、大阪メトロを少しかじり、最後は南海難波駅で撮り鉄を行い
10月の電車旅も本当の意味でこれで終わりです。
道頓堀川沿いの大きな看板を見ると大阪らしい風景で
また行きたいと思わせてくれ再訪できる日が待ち遠しいです。
DSC_1190_convert_20200501050653.jpg


撮影日:2019年10月22日
カメラ:Nikon D500


いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 南海電車

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 南海電車 撮り鉄 大阪府

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する