FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

南海高師浜線 高師浜駅

 【25//2020】

浜寺駅前まで来ましたが阪堺電車の旅は一時中断し南海電車に乗ります。
DSC_0765_convert_20200419061557.jpg



羽衣駅で高師浜行きに乗り換えます。
DSC_0775_convert_20200419062922.jpg


駅を出るとちょうど高架工事真っ最中であるのがわかります。
DSC_0790_convert_20200419064807.jpg


伽羅橋駅前から再び高架区間に入りますが1970年に高架化されました。
DSC_0793_convert_20200419065849.jpg



5分もしない内に終点高師浜駅にやってきました。
南海高師浜線は1.5キロで私鉄で一番短い路線と言われており
下手すれば羽衣から伽羅橋に寄ってここまで歩いて行けるレベルですね。
DSC_0797_convert_20200419065911.jpg



乗ってきた列車は折り返し元の駅に戻るため停車してます。
時間も長くありませんが高師浜線の日常はこのことでしょう。
DSC_0807_convert_20200419070023.jpg


僅かな停車時間を経て昭和の時代に造られた単線高架を走っていきました。
DSC_0808_convert_20200419070046.jpg


ホームは1面1線ですが割と広めで屋根も広々としてますが。
DSC_0811_convert_20200419070409.jpg


柵の先を見ると隣にホームが出来る構造で将来1面2線化分の用地を持ってますが
このご時世ではまずなさそうな感じですね。
DSC_0810_convert_20200419070432.jpg


木製の渋い色合いのベンチが3つ並び大手私鉄の路線ながらローカル線の佇まいがします。
DSC_0812_convert_20200419070456.jpg



階段手前に車止めが設置され終着駅であるという証です。
DSC_0815_convert_20200419073449.jpg



階段降りて自動改札から駅舎内の様子を見ましょう。
出札側のシャッターが半開きでしたが駅員さんは配置されてます。
DSC_0818_convert_20200419073852.jpg



自動改札の間から窓枠を見ますと木製で年季入っておりいい雰囲気です。
DSC_0824_convert_20200419075224.jpg



1919年高師浜線の終着駅の駅舎は開業時に建てられた洋風木造駅舎で
大正時代に建てられ昭和・平成・令和と元号が変わっても健在です。
レトロな雰囲気を残しながらもこの路線の顔として見守って来ました。
DSC_0826_convert_20200419075518.jpg



駅前広場も設けられており床がタイルの模様のようなものが造られてますね。
とのんきに言ってるのはいいですがこの辺りから雨がパラパラ降りだして来ました。
DSC_0828_convert_20200419082405.jpg



駅前の道路から高架ホームを見ると高い塀があるように見えますが
この真下に地上駅時代のホームがあります。
時間の都合と雨が降り始めたので散策は断念しましたが旧駅の遺構気になります。
DSC_0832_convert_20200419082323.jpg



高架ホームから遠方には工場らしき建物の塔が見えます。
この近辺は工業地帯も盛んで四日市市同様夜の工場の風景の写真で人気があります。
DSC_0840_convert_20200419085032.jpg



ポスターにはこの週末に高師浜線100周年イベントの告知がされてました。
俺は節目を迎える直前にこの路線に乗りましたが
阪堺電車の旅を一時中断して乗ってよかったです。
DSC_0834_convert_20200419094449.jpg



羽衣駅で乗り換える際改札口で駅員さんに記念乗車証が欲しいと言ったらもらうことが出来ました。
DSC_0786_convert_20200419062808.jpg


僅か1.5キロの高師浜線がこうして長きにわたって走り続け1世紀を迎えれたのは
開業時から今日までの努力があったからでしょう。
伽羅橋駅に寄れなかったのが心残りですがまたの機会にとっておき
100周年記念目の前で訪れることが出来たことを誇りに思います。
DSC_0789_convert_20200419062842.jpg



撮影日:2019年10月21日
カメラ:Nikon D500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR


いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 南海電車

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 南海電車 高師浜線 大手私鉄 大阪府

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

こんばんは

今調べてみましたが、高師浜駅の旧ホームが半分埋もれて残っているのですね。高架化すると地上時代の遺構は消えがちですが、ここはかなり残っているなんて・・・。

一口に高架駅と言っても、昭和期と平成以降とでは全然雰囲気が異なるのに、時代や技術力の差を感じます。どことなく鶴見線の駅っぽいですよね、高師浜。

Posted at 22:35:17 2020/05/25 by wra

Comments

こんばんは。
関西の鉄道はあまり詳しくはないのですが、南海はなかなか風情のある駅が揃っているというイメージがあります。今年の夏には訪問したいなと思っています(コロナが収束してくれれば・・・)。

Posted at 23:47:05 2020/05/26 by きゃみ

Comments

Re: こんばんは

wra さん

こんばんは。
コメントの返信遅くなってすみません。

そうなんです。
本来高架化すると地上時代の遺構は消えますが
当日見れなかったものの高師浜駅は高架下に半分埋もれ残ってました。

高架駅は昭和時代と平成以降では雰囲気も異なるので
ひとえに高架化されても昭和に造られたのを見るとレトロな雰囲気を出してるようですね。

Posted at 22:29:30 2020/05/28 by libertyrail

Comments

Re: タイトルなし

きゃみ さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

南海電鉄は風情ある駅がたくさん残ってましていい雰囲気の駅がたくさんあります。
全線1日フリー切符の発売してる時期に行きたいです。
(出来れば高野線の山岳区間を)

Posted at 23:08:53 2020/05/28 by libertyrail

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する