FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

京阪石山坂本線 石場駅、島ノ関駅

 【17//2018】

前回更新から数日経ちましたが先週金曜日未明の寒さで風邪をひき
編集出来ず更新が遅れてしまいご迷惑おかけしました。
体調はよくなってますが
今年は急激に暑くなったり冷えたりと寒暖差が大きく
体調管理の面で悩む日々は続きそうです。


という近況はここまでにして
2017年最後の日帰り電車旅第2回に移ります。
ちはやふるをまとった編成が今回のトップバッターです。
映画を見る機会がありませんが2015年公開した続編が3月に公開されましたね。
前回乗った時は会う機会がありませんでした。
DSC_5954_convert_20180415043151.jpg

DSC_5955_convert_20180415045736.jpg




京阪石山を出てすぐにJRのいくつもある線路をオーバークロスし一時分かれます。
DSC_5957_convert_20180415045752.jpg


いくつもある小さな駅に停まりながら向かい。
DSC_5961_convert_20180415045807.jpg


住宅街と商店街に囲まれた所をゆっくりと走っていく中600形と離合。
京阪大津線もこれから本線と同じ新塗装にお色直しするので
新旧混合の過度期を迎えています。
乗車して数分経過してますが前回訪問した時一番見たかった
701編成の80型復刻色はどこで会えるかワクワクしてました。
DSC_5964_convert_20180419053627.jpg


前回訪問した京阪膳所駅はJRの乗換駅です。
DSC_5971_convert_20180419053641.jpg


発車直後隣にJRの線路を見ながら進んでいきます。
京阪石山を出てから分かれてましたがここで再開し
次は京津線の四宮駅ホームから見るまでの間のお別れで
京阪大津線の車窓のポイントに上がります。
DSC_5972_convert_20180419055122.jpg


今旅最初に降りたのは石場駅。
びわ湖ホール前が副駅名で名乗ってますが
駅近くにあることから付けられてます。
DSC_5991_convert_20180419053656.jpg


米原でちょっと押してしまいましたが駅を見ていきましょう。
DSC_5975_convert_20180419055145.jpg


ホームの様子はベタですが中小私鉄の駅の風情が漂ってます。
DSC_5978_convert_20180419055158.jpg


とそこへ石山寺行きと坂本行きが同時刻でやってきました。
この2ショットはこの駅の見所ですね。
坂本行きは京阪本線の普通列車で見る新塗装に変わってましたが
今回何回見れたのかも今旅のポイントに上がります。
DSC_5986_convert_20180419055222.jpg


612の番号を見ると塗り替え前は坂本ケーブル号で
緑と赤の渋い色合いが特徴でした。
塗り替え完了後はそのままこの色で行くと思われますが
どこかでイベント用の塗装が復活してくれることを望みたいです。
DSC_5990_convert_20180419055305.jpg


構内踏切から。上屋もホーム全面についてて一応主要駅と見ていいでしょう。
DSC_6000_convert_20180419061205.jpg


切符売り場は南北両入り口にありますが
北側は本当に小さなものでローカル線らしい佇まいをしてます。
DSC_6004_convert_20180419061352.jpg

DSC_5999_convert_20180419061255.jpg



今でこそ私鉄の小駅ですがその始まりは1880年現在の東海道本線膳所駅から
初代大津駅(現びわこ浜大津駅相当)間にできた駅で
1913年大津電車軌道に引き継がれ現在に至りますが私鉄の駅では一番古い駅であります。
この入口見ても信じがたいですが5度も所属鉄道会社が変わった数奇な運命をたどり
旧期間を含め140年近くに渡り現役の駅です。
DSC_6001_convert_20180419061311.jpg


駅前は湖岸道路があり道の先にNHK放送局やオフィスビルがあり
大津市中心辺りに自分がいるんだというのを確かめてるようです。
DSC_6002_convert_20180419061324.jpg


このあたりで切り上げて次の列車に乗ります。
DSC_6006_convert_20180419061409.jpg



次は隣の島ノ関駅。
DSC_6008_convert_20180419061442.jpg


対面式のホームがありますが幅が狭く点字ブロックも窮屈そうな印象を受けます。
DSC_6007_convert_20180419061428.jpg


と数分してから京阪石山から石場まで乗った「ちはやふる号」が来ました。
こんなに早く来るのは錦織車庫が隣接してる近江神宮前行きだったようですね。
石山寺まで行ったら次は坂本行きになるのでしょう。
DSC_6014_convert_20180419063357.jpg


ホームからすぐに湖岸道路が見えさっきまでいた石場駅同様の光景ですが
次の駅まで一緒に進んでいきます。
DSC_6010_convert_20180419061457.jpg


駅全景。入口は浜大津、坂本方面にあり構内踏切で結ばれ
唐橋前や他の駅にもあるようで小さな私鉄の駅らしい風情がありますね。
DSC_6012_convert_20180419061516.jpg


交差点の先には琵琶湖も見え湖の近くに駅があることが確認できます。
DSC_6013_convert_20180419061528.jpg


上が陰で見ずらいですが・・・。壁には琵琶湖のイラストが描かれてます。
この駅は大したものはなかったもののこれが目印になりますね。
DSC_6015_convert_20180419063409.jpg


直線が続き大きなホテルや商業施設その先に駅が見えます。
石山坂本線の中で石山寺から浜大津の辺りまでは下手すれば歩いていける距離なので
散歩ついでの駅巡りも楽しめそうですね。
DSC_6017_convert_20180419063425.jpg


サクッと訪問しやってきた列車に乗って次の駅に向かいましょう。
DSC_6021_convert_20180419063458.jpg




カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
+AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京阪電車

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 京阪大津線 石山坂本線 大手私鉄 滋賀県

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する