2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

京阪石山坂本線 唐橋前駅、石山寺駅

 【07//2017】

前回のつづき。


2日目の旅第4回。京阪大津線の一つである石山坂本線の道中にいて
膳所本町から次の駅に向かってました。
DSC07761_convert_20170720033619.jpg


途中京阪石山駅到着直前琵琶湖線の複々線をオーバーパス。
こうしてみるとJRの線路の数とスケールのギャップにびっくりしますが
石山坂本線は駅間が短く駅数も多く地域密着の感じがしますね。
DSC07766_convert_20170720042552.jpg


さっきの石山駅を過ぎ次は唐橋前駅にやってきました。
DSC07767_convert_20170720042613.jpg



相対式のホームの先には高層マンションがいくつか建っており都会的な印象ですね。
さっきまでいた駅は路地裏の狭い立地の中にいたのでどことなく開放的な感じがします。
DSC07771_convert_20170720043620.jpg



反対の端側は緩やかに下っていきその先には駅らしきものがあり
さっき乗った列車が停まってる様子が確認出来
初めいた皇子山と近江神宮前と同じ関係です。
DSC07770_convert_20170720043638.jpg



DSC07790_convert_20170720043753.jpg



駅舎はなく駅入口に券売機があり
昔名鉄豊川線の諏訪町駅で見たような雰囲気があります。
今は建て替えられましたが佇まいの記憶は残ってます。
DSC07777_convert_20170720043733.jpg



踏切前の案内にはここが旧東海道の道で反対に500m行った所に瀬田の唐橋があります。
とりあえず行ってみることに。
DSC07776_convert_20170720043822.jpg



歩くこと数分で橋のある交差点に着きました。
もっと距離あるのかなと思ってましたが近くにありました。
DSC07780_convert_20170720044401.jpg


橋を見てみましょう。瀬田の唐橋は日本三名橋、日本三古橋に入っており
東から京に入るには瀬田川か琵琶湖を通るしかなく瀬田川にかかる唯一の橋であるため
京の防衛上重要な場所でありました。
歴史の上でも唐橋を制する者は天下を制すといわれてました。
DSC07783_convert_20170720044416.jpg


橋の上から見る瀬田川と青空を見てもこの日も天気のいい日でした。
当初の計画では天候次第で考えてましたが好天に恵まれたので
当日訪問することを決定しました。
DSC07782_convert_20170720044430.jpg


反対側には東海道新幹線の橋があり東から京都に向かうとき
もしくは逆の場合でも必ずこの車窓は目にしますね。
名古屋から新幹線で向かう時これを見て長いトンネル2つくぐり抜ければ京都に着きます。
DSC07784_convert_20170720044447.jpg


現代も生活道路として車の往来の激しい道として使う人が多いです。
橋の造りも含め気になってたスポットでしたがこの風景見れてよかったです。
DSC07789_convert_20170720044502.jpg



天候次第ながら急遽降り立った唐橋前から次に向かうは
早くも3度目の登場80型リバイバル塗装の700であります。
DSC07791_convert_20170720044530.jpg



次は当然ながら石山坂本線終点石山寺駅です。
DSC07794_convert_20170720044641.jpg



到着後すぐに折り返さず隣の列車が先行で出て
乗ってきた列車は次に到着する列車が来るまでの間滞留し待合室の替わりをします。
DSC07792_convert_20170720044718.jpg



ホーム長が短いものの小さなターミナルという印象がありますね。
DSC07799_convert_20170720044752.jpg



両側のホームは降りる人専用のようで真ん中の島式ホームが乗る人のようです。
DSC07793_convert_20170720044921.jpg

DSC07806_convert_20170720044953.jpg


ホームから改札へ出る途中何と京阪では見なくなったソラリー(パタパタさん)が稼働してました。
近鉄でも液晶式に更新されだいぶ減ってますがここで見れるとはびっくりです。
が行先のみの表示でシンプルですね。
DSC07798_convert_20170720050735.jpg



平屋の駅舎が建ってますが終着駅としては何とも地味な印象が強く
先の唐橋前の文字通り瀬田の唐橋を見た後に来たので印象が弱かったような気がします。
DSC07800_convert_20170720050857.jpg


その駅前には小さなロータリーも整備されています。
真ん中にある模型のようなものは石山寺を模ったモニュメントでしょうか。
DSC07804_convert_20170720050914.jpg



地図がある看板を見ても歩いて10分で行けるようでさっきまでいた
瀬田の唐橋も10分位の所に立地しています。
実際石山寺から唐橋前までは700m位で歩いて行ける距離であることは確かです。
DSC07805_convert_20170720050935.jpg




石山寺も歩いていけない距離ではありませんが訪問したら
行きたい場所に行けなくなるので断念し旧標準色の列車で次の駅に向かいます。
DSC07807_convert_20170720050951.jpg




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京阪

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 京阪 滋賀県 大手私鉄 瀬田の唐橋 日本三大橋 東海道

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

こんにちは

80型リバイバル塗装は、
地上時代を知っている人間にとっては
三条京阪が地上時代の頃を思い出させて
懐かしいとそうだと感じます。

私も、石山寺駅には訪れたことがあるのに
石山寺には、行ったことがございません。

石山寺には、重要文化財など
いろいろと見どころがあるようですので
機会があれば、行ってみたいと考えております。

ありがとうございました。

Posted at 20:38:06 2017/08/08 by TageSP

Comments

Re: タイトルなし

TageSP さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

地上時代を知る人にとっては80型リバイバル塗装は
三条京阪から京阪山科を一般道を並走してた頃を懐かしく思うでしょう。

石山寺気になってましたが行ってしまったら
この後の日程が狂う上行きたい駅に行けなくなるので
またの機会にとっておきました。

Posted at 05:21:57 2017/08/09 by libertyrail

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する