2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

阪急京都線 大宮駅、西院駅 関西最古の地下区間を見て初日END

 【30//2017】

前回のつづき。


京都市役所前から天神川で嵐電に乗り四条大宮まで戻ってきました。


初日ラストは交差点の向かいの阪急大宮駅からです。
ターミナルビルの名に相応しい建物が建ってますが
テナントの撤退か定かではありませんが窓が封鎖されています。
DSC07573_convert_20170703053547.jpg


駅入口から中へ入っていきますが地上にないので地下駅のようです。
DSC07576_convert_20170703055216.jpg


早速ホームへ。真ん中に鋼鉄製の細い柱がいくつも並んでます。
DSC07579_convert_20170703055328.jpg


DSC07581_convert_20170703055359.jpg


柱には46キロポストがあります。実際には路線起点の十三から43.3キロ
阪急の起点である梅田からは45.7キロで0.3キロの誤差がありますが
いつの時期に設置されたのでしょうか。
DSC07580_convert_20170703055345.jpg


そのホームに京都線のエース9300系が通過します。
系譜としては先代にして週末を中心に走る京とれいんでも活躍の
6000系のクロスシート配置の特急車両を継承しています。
DSC07583_convert_20170703055707.jpg


とりあえずやってきた梅田行きに乗ります。
DSC07584_convert_20170703063741.jpg


と言いましてもお隣の西院駅で降りました。
DSC07587_convert_20170703063756.jpg


ホームの様子を見ましょう。さっきいた大宮駅で見た同じ形状の支柱が並んでます。
この支柱かなり古くレトロな感じがしますね。
DSC07585_convert_20170703063818.jpg



着いたまではよかったんですが何分か経って
それまで蓄積した疲れが一気に出てベンチで10分位寝てしまいました(←アホ・爆)
DSC07588_convert_20170703063856.jpg



初日最後にこの1区間のみとはいえここを選んだのかといいますと
大宮駅コンコースにあるこのプレートがきっかけでした。
土木学会の「選奨土木遺産」(ランクA)に指定されてます。
そして東京メトロ銀座線に次いで我が国二番目の地下線です。
DSC07577_convert_20170703055238.jpg



その関西最古の地下線にマルーン色の列車が停車します。
1931年に地下化され今年で86年を迎え昭和の時代、21世紀を超え2020年が近づいてる現在
これからもずっと関西初の地下線の生き証人として列車の往来を見守りつづけるでしょう。
DSC07590_convert_20170703064623.jpg


さっきいた阪急大宮駅の河原町寄りの柱の形状を見るとホームを長くする工事が行われ
柱の形の違いを確認することができますね。
出来た当時が7両分しかなかったため8両編成の停車時上下線最後尾の車両を
ドアカットしていたとのことで地下駅でドアカット・・・当時は苦労も多かったようですね。
DSC07582_convert_20170727063048.jpg


散策中にはこんな案内がありました。
ついさっきまで嵐電に乗ってて工事中の様子を見てきたばかりなのに・・・。
と思いつつも阪急西院(さいいん)と嵐電西院(さい)が結ばれて
現在は交流が活発になったのかなと推測出来ます。
DSC07586_convert_20170703063834.jpg



嵐電訪問中に撮ってきましたが・・・・
2階建ての駅舎が建ってましたがテナントで入ってたドラッグストアが閉鎖されてました。
ビル建て替え工事によるものですが次訪問した時はカバーで覆われて
数年後に完成する新駅ビルが出来るまでの間のお預けとなります。
DSC07561_convert_20170703052733.jpg




阪急はこの1区間乗り烏丸から地下鉄に乗りコインロッカーに入れた荷物を
取りに行くため京都駅に戻った後ここに戻り1日の疲れを取るため烏丸駅近くにあるファイテンに行きました。
DSC07592_convert_20170703064825.jpg


ファイテンでケア後東西線で二条城前駅にやってきました。
今夜の泊まるホテルの最寄り駅です。
DSC07596_convert_20170703064853.jpg


表に出るとそこには二条城の外堀の一部がライトアップされてます。
小学校の修学旅行で一度行ってますが、組み込むとなると数時間使うので
なかなか手が出ません。
DSC07601_convert_20170703065842.jpg



スタートから荒れ模様の展開で米原着くまでの不安を抱えながら乗ってたと思ったら
新快速に間に合い京都、伏見稲荷、京阪電車、嵐電、阪急を少し乗り
京都の電車と街を駆け足ながら濃厚な時間を過ごし今夜泊まるホテルに入り
波乱含みの初日は幕を閉じました。
DSC07603_convert_20170703065906.jpg


2日目へつづく。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 阪急

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 阪急 京都 大手私鉄 関西最古の地下区間

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

大宮駅は近くのネカフェに泊まるために何度か利用しました。
やたら古い地下駅だなあとは思ったのですがこんな歴史のある駅だとは思いませんでした。
フルスクリーンのホームドアが完備されている地下鉄駅とのギャップがなかなか面白いですね。

どうでもいいことですけど、大宮駅の道挟んだ向かいに京福の駅があるとは知りませんでした。。。
勉強になります。         

Posted at 00:00:21 2017/08/01 by 負鷺

Comments

Re: タイトルなし

負鷺 さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

駅近くにネカフェありまして会員証持ってたので短い時間入って
撮った写真軽くチェックしようかこっそり考えてました(苦笑)

そうなんです。
鉄道の駅のサイトで事前に調べましたが実際見て関西初で歴史あるのも
何本も立ってる古い柱が物語ってましたね。
フルスクリーンのホームドアのある地下鉄駅と阪急にある関西最古の地下駅の
雰囲気のギャップも面白いです。
         
阪急大宮駅と嵐電四条大宮は交差点で挟んで立地してます。
京都行く機会ありましたら嵐電(京福)乗ってみて下さい。

Posted at 05:32:32 2017/08/01 by libertyrail

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する