FC2ブログ
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

三江線最後の夏-6 石見川本駅~江津駅

 【11//2018】

石見川本駅に着いてから1時間弱経ち江津行きの出発時間が迫ってきました。
DSC_1506_convert_20180125074722.jpg


列車先頭側では何やら催しものが行う準備が進められてました。
DSC_1507_convert_20180125074736.jpg


そこに整列した若者こそ前回の駅舎の間の前にいた人達でした。
彼らが何をしに来たのかといいますとこの日成人式を終えこれから出る
江津行きの列車を見送りに来たのです。
全く知りませんでしたが嬉しいサプライズでした。
DSC_1510_convert_20180125074750.jpg


1時間弱の石見川本駅を成人を迎えた若者に見送られ江津駅へと向かっていきます。
DSC_1514_convert_20180125074825.jpg



列車が駅を出ると反対に14:00浜原行きが停車中でした。
DSC_1518_convert_20180125074839.jpg



三江線乗りつぶし旅も後半から終盤へと差し掛かっていきます。
DSC_1522_convert_20180125081700.jpg



因原駅は青い瓦屋根が特徴の木造駅舎が建ってる駅です。
DSC_1531_convert_20180125082306.jpg



反対側に使われなくなったホームがあり先の石見川本で長時間停車の理由は
終点江津まで列車交換ができないからです。
列車本数の減便や利用者がいないこともあり早い段階から棒線化を進めていたのでしょうか。
DSC_1533_convert_20180125082321.jpg



鹿賀駅は駅舎がなく駅名標の後ろにある通路から入る無人駅です。
DSC_1538_convert_20180125082433.jpg


この手の待合室も幾度となく見てきました。
DSC_1539_convert_20180125082447.jpg



朝5時の浜田行きの列車乗車以来ずっと立ちっぱなしでここに来て疲れが出てきました。
DSC_1541_convert_20180125082508.jpg


石見川越を過ぎた後石見川本へ向かう道中で見たあの原付おじさんに再遭遇し
これを見た俺はしんどかったけど江津が近づいてるから頑張らなアカンと気合を入れ直しました。
DSC_1542_convert_20180125082521.jpg



山間の中を走ってる間に石州瓦の住宅が見えると過疎化が進行してる中
数少ない暮らしがあることを認識してました。
DSC_1543_convert_20180125082546.jpg


田津駅を出たのが14:15前で予定より5分弱遅れて運行してるようでした。
DSC_1545_convert_20180129062541.jpg


のどかな風景を目に焼き付け8時間。次の駅までは10分かかります。
DSC_1548_convert_20180129062558.jpg



川戸駅もかつて交換駅でしたがその証となるホーム跡がしっかり残ってました。
DSC_1552_convert_20180129063858.jpg


駅を出ると木造駅舎が建ってるのが確認できました。
三江線の利用者は圧倒的に少ないですが繁栄を偲ばせるいい駅舎が建ってる駅が多く
見ごたえある路線であることは間違いありません。
DSC_1556_convert_20180129063927.jpg



道中は江の川と共に歩んできましたがその間に三江線は豪雨による長期運休が度々ありました。
1972年7月の全通前、1983年、2006年、最近では2013年8月の豪雨で
1年以上運休を余儀なくされるもその度不死鳥のごとく復旧しましたが
2016年9月30日JR西日本は廃止を決意しました。
去年も福岡県で豪雨があり未だ復旧に時間かかってる路線もありますが
毎年のように起きる自然災害の脅威と向き合わなければならず
今年も夏季に大雨や台風等で大きな被害が出ることは予想出来ますが
異常気象が続く限りこの難題と向き合わなければなりません。
DSC_1558_convert_20180129070858.jpg


駅間が長く制限速度30といったスロー区間が存在するので
江津は中々近づいてきませんが途中には真新しい民家が建ってました。
DSC_1564_convert_20180129070951.jpg


1930年開業の最初にできた区間に入り2駅目の川平駅まで来ました。
DSC_1568_convert_20180129071008.jpg


江の川下流域に入り三江線の旅も最終局面へ。
DSC_1571_convert_20180129071026.jpg



千金駅でもホームから列車を見送る人が数人いました。
みんなお盆休みを使って最後の夏の勇姿を見届けに来たことは間違いなしです。
真ん中にある待合室がレンガ調のどこか雰囲気がありそうな建物ですね。
DSC_1575_convert_20180129071125.jpg



河口と河川敷が整備されてる所まで来ると江津市内に入ってます。
水量は多いものの緑色に染まった川を見ながら向かってました。
DSC_1580_convert_20180129071143.jpg




踏切を渡って橋を渡ると次の駅が近づいてました。
DSC_1588_convert_20180129071220.jpg



江の川と駅といえば江津本町駅でありますが駅の写真がなくこれしかないのはお許しください。
DSC_1597_convert_20180129071258.jpg



長かった三江線の旅もこの広々とした河口と山々の風景と共にフィナーレへ。
DSC_1592_convert_20180129071238.jpg




少し遅れましたが14:55終点江津に着きました。
朝5時にホテルを出て口羽、宇津井まで行き三次に一旦戻って石見川本を経て約9時間かけやって来ました。
終盤しんどくなりましたが三次から江津まで108.1キロ完走し
廃線が決まってる路線を制することが出来た安ど感に浸ってました。
それにしてもこの人の多さは廃止が決まってる三江線に興味を持ってる証でありました。
DSC_1602_convert_20180129071339.jpg



カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 三江線 島根県 江の川 ローカル線

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る