FC2ブログ
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

三江線最後の夏-5 石見川本駅

 【09//2018】

三次を出て約2時間半、石見川本駅に着きました。
DSC_1443_convert_20180125053001.jpg



2両編成ですがワンマン運転の為出口が1つしかなく5分かかってやっと外に出ることが出来ました。
DSC_1441_convert_20180125053017.jpg



ホームに出ると作業中の赤旗が付けられ次の発車時刻が来るまでの間列車の中に入れません。
DSC_1446_convert_20180125053806.jpg

DSC_1455_convert_20180125054326.jpg



乗ってきた列車は13:45発江津行きとなりますがそれまでの時間を使い駅をめぐりましょう。
DSC_1453_convert_20180125054303.jpg


発車時間まで1時間以上あるのに乗車口では待ってる人がいました。
ボックス席は少ないので皆先に待ってるという感じなのでしょう。
DSC_1460_convert_20180125055543.jpg


対面式のホームで列車交換が可能ですがここを出てからか江津からここへ来るまでは
閉塞区間で交換可能な駅がないので江津行きが長時間停まってる理由です。
DSC_1461_convert_20180125060621.jpg



反対を見ると主要駅の名に相応しく立派な構内を持ち
三江線の中間駅で一番大きい駅に来てることがうかがえます。
DSC_1464_convert_20180125060639.jpg



跨線橋渡って反対側のホームへ。
柵で仕切られてますがかつてはここも列車が入線してた形跡はあったのでしょう。
奥には車庫や留置線も設けられてます。
DSC_1466_convert_20180125061157.jpg


待合室の中の椅子は仕切りはありますが木製の物が設置されてます。
これが造り付けの長椅子だったらもっと良かったかもしれません。
DSC_1468_convert_20180125061232.jpg


今いるホームから反対側を見ると屋根を支える支柱に古レールが使われてます。
お休み中の列車とこの後一緒に乗車する人達と共に続きを。
DSC_1471_convert_20180125061217.jpg



江津寄りにある構内踏切は使われてますが乗務員専用で乗客は立ち入ることは出来ません。
DSC_1475_convert_20180125061255.jpg


石見神楽の演目名に因んだ副駅名は八幡で
駅近くの川本弓ヶ峯八幡宮の宮司によって書かれたことに因んでます。
DSC_1457_convert_20180125055507.jpg



改札口付近もきっぷ売り場も人が絶えずこの日も大盛況のようです。
窓口で記念に入場券を買う人や色んな人がここに訪れ駅員さんも3人ほどいました。
DSC_1482_convert_20180125063222.jpg



中では三江線イメージキャラクターの石見みえがいました?
8月14日時点で営業終了まで229日でこのお話を出す2月9日で後50日切りました。
前回話しましたが2日に浜原まで運転再開したもののその先は未だ見合わせが続いてます。
トンネルの崩落や倒木が至る所で発生してるという話を聞きますが
今言えるのは1日も早い復旧を願い有終の美を飾ることを祈るだけです。
DSC_1478_convert_20180125061316.jpg



ここにも駅ノートがあったのはびっくりでした。
廃止が近づいてく中訪問した人達が思い思いがあり出筆してるのを見ました。
DSC_1480_convert_20180125063203.jpg



1934年1月石見川越から当駅延伸に伴い開業。
邑智郡川本町の代表駅で立派な木造駅舎は貫禄十分。お気に入りの駅舎に1ページ加えました。
目の前にいる若い人達がいますが何をしに来たんだろうと不思議に思いましたが
この後駅構内でちょっとした催しがあることはこの時知りませんでした。
DSC_1492_convert_20180125072001.jpg



駅前にいる途中路線バスが入ってきました。
先頭には世界遺産石見銀山のPRがされててここから山陰本線の大田市駅まで結んでます。
石見銀山が登録されてから去年は10周年と節目の年を迎えました。
DSC_1497_convert_20180125072306.jpg



駅前の観光所では地元の方が駅周辺のマップ表や三江線乗車記念切符を配ってました。
記念切符はここでしかもらえないので三江線の灯りが消えた後も一生もんの宝物になるでしょう。
DSC_1485_convert_20180125072101.jpg


三角ボードには営業してる飲食店やAコープの案内があります。
本当は近辺の所で食べようか考えてましたがのんびりしすぎると
お休み中の列車に乗れなくなるので泣く泣く諦めました(涙)
DSC_1486_convert_20180125072147.jpg



観光センターの中で休憩してると三江線の案内やフォトコンテストで選ばれた写真が展示され
短い時間でしたがじっくりと見入ってました。
DSC_1488_convert_20180125072219.jpg


DSC_1487_convert_20180125072202.jpg



三江線は今まで乗った中で一番本数少ない路線と紹介しましたがこの時刻表が象徴してます。
1日5本のうち通しで走ってるのはせいぜい2本で残りは区間運転となる列車があり
駅巡りするのも乗りつぶすのも難易度が高い路線であることがわかります。
時間もいい具合に経過し江津行きの発車時間がせまってきました。
DSC_1495_convert_20180125072250.jpg



カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
+AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 三江線 島根県

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る