2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:嵐電(京福電車) の記事リスト(エントリー順)

嵐電 西院駅、四条大宮駅

 【28//2017】

前回のつづき。


一般道の中にある山之内駅から次は西院駅にやってきました。
DSC07540_convert_20170703030315.jpg


乗った列車も相変わらずの大混雑でしたが週末はほとんどこんな感じでしょうか。
DSC07534_convert_20170703030342.jpg


駅入口よりホームの全景を見ることができます。
訪問した時は対面式でしたが嵐山方面のホームは現在ありません。
DSC07539_convert_20170703031343.jpg


DSC07543_convert_20170703031416.jpg


訪問した時にはこのような大きなタンクがありました。
DSC07544_convert_20170703031928.jpg


隣には花を置けるプランターがいくつか設置されてました。
嵐電の緑化プロジェクトの一環で行ってましたが今の嵐山方面ホームで
やってるのか気になりますが果たして・・・。
DSC07545_convert_20170703031739.jpg


駅を出ると目の前に踏切があり四条交差点を通過し入っていきます。
DSC07546_convert_20170703032119.jpg


現在は見ることの出来ないホームにて最後になるであろう列車と駅の
風景をしっかり撮ってました。
DSC07549_convert_20170703032148.jpg

DSC07550_convert_20170703032214.jpg


踏切の先には工事中の新しいホームがありました。
3月25日に利用開始まして阪急も新しい入口が出来乗り換えの面で便利になりました。
現在はご覧の通り踏切を介しての千鳥配置型に変わっています。
京都嵐電乗る機会があればもう一度ここに行き今の西院駅を確かめたいです。
DSC07555_convert_20170703032005.jpg
DSC07558_convert_20170703032942.jpg


訪問当時あった嵐山方面のりばは3月をもってお役御免となりました。
阪急西院駅(さいいん)と嵐電西院駅(さい)がアクセスが良くなったのと
引き換えにこのホームには列車は停まりません。
DSC07552_convert_20170703032037.jpg



駅構内には車両基地もあり運用上の拠点で車庫の中に
この日運用が無かった車両もいました。
レトロ車両や奥にはパトカー風の電車や八つ橋のラッピングカーと
色とりどりの列車が停泊してました。
DSC07556_convert_20170703032319.jpg


ここでは切符売り場があり駅員も在中しています。
ホームに誰もいなかったので心配しましたがここが中枢であります。
DSC07557_convert_20170703032909.jpg


踏切の先には商業施設もあり交差点の向かいに阪急西院駅があります。
西院界隈も今後大きな変化が起こることは確かです。
DSC07565_convert_20170703033113.jpg


嵐山から来た列車に乗り次は終点へ。
DSC07567_convert_20170703033134.jpg


嵐電起点の四条大宮駅に戻ってきました。
DSC07568_convert_20170703035238.jpg


両側が降車専用で真ん中が乗車専用で嵐電のターミナルの風格が漂ってます。
いくつかある主要駅の一つですが前回はここから始まり今回はここで終わります。
DSC07571_convert_20170703043752.jpg


乗ってきた列車は江ノ電色でサイド部分には可愛い画もラッピングされてました。
江ノ電と嵐電は姉妹提携を結んでる関係であることは前回紹介し
本線ではなく北野線でお目にかかりました。
嵐電の支線といわれる北野線の駅も訪問したいですね。
DSC07570_convert_20170703042107.jpg



交差点があり広場は一切ありませんが
この風景を見ると嵐電の最初の駅に来たなと思わせる雰囲気があります。
DSC07575_convert_20170703043835.jpg



嵐電天神川からここまで短い時間でしたが嵐電を楽しみましたが
新しく出来た撮影所前や他に降り立ちたかった駅は次回乗車時に持ち越します。
DSC07574_convert_20170703043819.jpg




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 嵐電(京福電車)

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 嵐電 京都 路面電車

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

嵐電 嵐電天神川駅、山ノ内駅

 【26//2017】

前回のつづき。

本能寺散策後電車旅の再開です。


近くにある京都市役所前駅にやってきました。
DSC07485_convert_20170629024920.jpg


早速ホームへ向かうと目の前にフルスクリーン式のドアがあります。
DSC07490_convert_20170629025337.jpg


今でこそ普及してますが出来た当時はこのようなタイプしかなかったんでしょうが
利用者は結構いるのに京都市交通局が儲からず赤字の理由は
これから乗る地下鉄東西線の建設費やドアで費用がかさんだことでしょう。
DSC07494_convert_20170629025653.jpg


列車の様子を見たくてもドア越しの一部しかないのでどうすることも出来ません。
車体を見ると赤いラインが入ってるので地下鉄の車両であることは確かです。
DSC07489_convert_20170629025419.jpg



15:28発の太秦天神川行き列車に乗ります。
2月で15:30はもう日がかなり傾いているので日の入りが6時と計算すると
後どれだけ電車旅ができるか計算しながら動かなければなりません。
今はとても暑いですが7時過ぎて暗くなるので1時間の差ですが
旅と駅を巡るうえで日照時間は重要です。
DSC07493_convert_20170629030215.jpg


終点、太秦天神川駅にやってきました。
地下鉄東西線は1997年秋に開業し二条からここまで2008年開業しました。
DSC07498_convert_20170629025754.jpg



乗ってきた列車は数分後に折り返し浜大津行きとなりますが
京都市地下鉄東西線は京阪京津線(通称大津線)の浜大津まで相互運転をし
俺も翌日京阪大津線の乗車を計画してて京阪三条駅で次の日に使うフリーきっぷも購入済みでした。
DSC07496_convert_20170629025810.jpg


ここからが今回の本題で嵐電に乗るためにわざわざやってきたのです。
去年は一通り全部乗りましたが日照時間の関係上今回少しだけになりますが
嵐電を楽しみたいと思います。
DSC07501_convert_20170629025951.jpg

DSC07502_convert_20170629031253.jpg



ホームは2008年延伸開業に合わせ出来た駅で上屋も完備され近代的な電停です。
DSC07507_convert_20170629031332.jpg



DSC07504_convert_20170629032305.jpg


嵐山方面に目を向けるとすぐ先に駅が見えて歩いていける距離にあります。
ちょうど1年前に行ったときはこの駅も訪問しましたが途中写真撮ることに熱中するあまり
乗るはずだった列車に乗れなかったハプニングもありました。
DSC07509_convert_20170629032352.jpg


その嵐山から来た列車に乗ります。嵐電といえばこの紫色。
メタル音楽な好きな俺なら思わずディープパープルを思い浮かべます。
スモーク・オン・ザ・ウォーター、BURN、HIGHWAY STAR♪と脱線しましたが・・・(滝汗)
DSC07512_convert_20170629032748.jpg


混雑の酷い列車に乗り込みお隣の山ノ内へやってきましたが駅名標が見当たらず
これしかありませんでしたがこれには訳があります。
DSC07525_convert_20170629034308.jpg



隣の駅から乗った列車を見送って駅巡りのお時間と行きましょう。
DSC07514_convert_20170629034512.jpg


ホームというよりは路面電車の電停と言った方が正しいですね。
ホーム幅の狭さとその脇を駆け抜ける車の交通量を考えると列車が来るまでの間
スリルと恐怖の狭間での戦いが待ってるかのようです。
DSC07518_convert_20170629034143.jpg
DSC07516_convert_20170629034102.jpg


昔ながらの路面電車の雰囲気を残す区間で東隣りの西大路三条まで続いていきます。
あの駅も四条大宮方面のりばが併用軌道の所にありましたね。
DSC07517_convert_20170629034120.jpg


さっきまで乗ってきた区間は2つ目の信号機を渡って一瞬専用軌道に入り
嵐電天神川直前から蚕ノ社に入るまでもう一度併用軌道を進みます。
それにしてもこのダイナミックな風景は嵐電が好きになりそうな風景ですね。
DSC07519_convert_20170629034209.jpg


何度か列車を行き来する瞬間にも立ち会いました。
去年北野線に乗った時お世話になった江ノ電ラッピング車。
神奈川県にある江ノ島電鉄も乗りに行きたいと思ってますが
10月後半位に乗りに行こうかと現在計画しています。
泊まるのも横浜で次の日どうしようかは考え中です。
一番見てみたいのは腰越の併用軌道を走る江ノ電をガンガン撮りたいです。
DSC07523_convert_20170629034339.jpg


今度は紫色の電車が来て先頭には行先のサボがついています。
こちらもLED化に伴い見なくなってきてますが乗務員や運転手が
折り返しの時に行き先を変える手作業が好きで昔名鉄豊橋駅でやってたのを思い出します。
DSC07526_convert_20170629034406.jpg


10分後嵐山行きが来ましたが615のナンバーはさっき乗った列車でした。
DSC07530_convert_20170629034438.jpg


もう少しいたかったんですが・・・これ以上押すと日が暮れるのでここで打切り次の場所へ向かいます。
DSC07531_convert_20170629034532.jpg




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 嵐電(京福電車)

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 嵐電 京都 路面電車

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る