2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:カメラ の記事リスト(エントリー順)

Nikon D7200デビュー記念撮影記-Final ニコンプラザ名古屋

 【04//2017】

デビュー記念撮影記いくつか紹介してきましたが今回が最後です。

4月に名古屋城へ桜見物した後のことです。
栄に戻ってきていつものセントラルパークへ来ました。
DSC_0434_convert_20170807064226.jpg


オアシス21を東へ歩くとオフィス街に入ります。
色んなビルが建ってて栄の街は毎度ですが画になり交差点から先と周辺を歩き回りたい心境でした。
さっきまでいっぱい見てきたはずの桜の木が目の前にありました。
DSC_0438_convert_20170807064852.jpg


この時間帯から栄に何をしに来たのかと言いますと
ニコンプラザがあることを知り3月にD7200を買ったのでお礼参りも兼ねやってきました。
DSC_0449_convert_20170807064905.jpg


早速ショールームの中へ入ることにしましょう。
DSC_0455_convert_20170807064942.jpg


ビックカメラ等でも販売されてますがNikonオリジナルのカメラバッグが展示されてます。
荷物を分けると気が緩んだ隙に忘れるのが多々あるので購入に至っていないのが一番の理由です。
DSC_0458_convert_20170807065103.jpg



次は言うまでもなく一眼レフカメラですね。
Nikonが誇る2大フラッグシップのD5とD500であります。
D5はプロカメラマン向けに造られボディだけで60から65万します。
D500は去年発売されD300以来久々のDXフォーマットのフラッグシップ機です。
訪問した時はそんなに気にしてなかったんですがD7200を使っていく内に
いつかはD500あるいは後継モデル(D510、D550辺り・・・?)をゲット出来ることを叶えたいです。
DSC_0459re_convert_20170831024627.jpg


次はFXフォーマット。FXはいわゆるフルサイズ機といいまして
センサーサイズが大きく35mmフィルムと同じサイズの物が使われています。
ラインナップはD810が2種とD750があります。
Nikonユーザーになって半年も経たない俺が機種についての知識量が少なく
しゃべれることが少ないのは申し訳ないですが・・・(汗)
D810は発売当時Nikon史上最高画質と言われた機種です。
発売から3年が経過し9月8日(発売予定)に後継となるD850が登場します。
左にあるD750も2014年に発売した機種でフルサイズ機では軽量で
フットワークが軽くチルト式液晶を採用してる中級者向けの機材です。
カタログ見ましたがとにかく画質が綺麗ということにつきます。
DSC_0463re_convert_20170831024338.jpg


次はDXフォーマット機種(APS機)左からからD3400、D5600、俺が持ってるD7200です。
3000エントリークラス。5000エントリー上位機、7000が中級者向けです。
7000シリーズといえば俺が思うにニコンと言えばナナイチことD7100があり
一番イメージが強くD7200の先代機種でした。
D3400とD5600はコンパクトな造りをしておりD7200は一眼レフらしい造りをし
AFや連写機能性能はD7200が勝ってます。
DSC_0467re_convert_20170831024451.jpg

DSC_0479_convert_20170807065954.jpg


スタッフの方が他のレンズ試してみると声をかけてくれて
16-80を試さしてもらい実際に撮ってみました。
ここに来ると自分が持っていないレンズの試し撮りも出来るので
数日前に紹介した10-24のレンズの中でも言いましたが
自分が撮る上でどれが必要かというのを見極めるのも勉強の一つで
泥沼にはまらないよう注意していかなくてはなりません。
DSC_0470_convert_20170807070021.jpg


カタログを見るとAPS-Cと言われるDXフォーマットで唯一ナノクリスタルコートの
コーティングをしてるレンズで俺が当時持ってた18-140より気持ち広角の16まであります。
この時点でほしいなと思いましたがキットレンズ同士で被るので断念しましたが
AFのピント合わせが速く機材の力を引き出してるので
新たな世界へ入ろうとしてる自分がいました。
DSC_0471_convert_20170807070052.jpg


壁面にはたくさんの写真が展示されてました。
本来なら撮影者から撮らないで欲しいときますが今回はOKですよとお話をいただき
初めての訪問もありますが撮らせていただきました。
1か月ごとにプロ写真家の方が撮られた写真を展示してまして
訪問した時のように少女が躍動してる写真であったり多種に渡り展示されてます。
DSC_0472_convert_20170807070110.jpg

DSC_0475_convert_20170807070135.jpg




別のコーナーに行くと望遠レンズがありちょっとしたバズーカを見てるようでした。
DSC_0482_convert_20170807070212.jpg


レンズコーナーは今回訪問した時にもらったカタログ同様に紹介されてます。
単焦点は奥が深く愛好者の間でレンズ沼という言葉を聞きますが
今の自分には必要ではなくどちらかというと広角や高倍率の方が欲しいと思ってます。
カタログやビックカメラ等で手に入れれたらいいなと考えてるのは
18-200か18-300のどっちかが候補に挙がってますが今すぐではありませんが
実物見るといつか使ってみたいなと思いながら見入ってます。
DSC_0489_convert_20170807071105.jpg

DSC_0490_convert_20170807071115.jpg



Key Missionシリーズというアクションカメラが展示され
ボディはコンパクトで過酷な環境にも耐えれると紹介されてます。
光学技術が進歩しててこの身軽さでスカイダイビングで撮影は想像出来ませんが
兎にも角にも携行性がありらゆる場所にも耐えれるものです。
DSC_0488_convert_20170807071909.jpg


インフォメーションコーナーにはニコンの講習会や写真教室の案内がありました。
講習会は定員6名の少人数で行われ参加費無料で受けることが出来ます。
DSC_0486_convert_20170807071219.jpg


ショールームの外には北海道のキハ40が走行してる写真ですが
これは鉄道写真家の中井精也さんが撮られたものです。
俺が持ってるD7200のカタログにも新幹線が太陽浴びて通過する写真が載ってて
何となくですがプロの写真家の方が使われてるので愛着が上がりました。
DSC_0484_convert_20170807071130.jpg


ここに来る前に知りましたがこの日D7200の後継モデルなるNikon D7500が
6月9日に発売することが正式に発表されました。
2088万画素に最新の画像処理エンジンEXPEED5搭載、連写の高速化、軽量化が図られた中級機です。
が一方でD500の登場により差別化を図らなければならず
D7000シリーズでは欠かせなかったSDカードのダブルスロットがシングルになったり
1110コマから950コマと撮影可能コマ数の減少とスペックダウンの印象があります。
D7200は長く使うのはわかってますがもし追加か使えなくなって買い替えるのであれば
ダブルスロットの恩恵を受けてるのでD500かその後継モデルになるのはこの時点で決めました。
D500のダブルスロットはSDカードともう一つXQDカードのコンビです。
XQDは従来のSDカードより処理速度が速いというのを聞いたことがありますが
今の所フラッグシップといわれるD5、D500に搭載されてます。
DSC_0491_convert_20170807071232.jpg


初巡礼は1時間以上滞在しましてプラザ内でスタッフの方と機材やレンズを中心に話し
これからお世話になることは間違いなしでした。
この時以来再訪出来てませんがどこかで行けたらと思ってます。
来年1月か2月に1度機材のメンテも兼ねて見てもらおうと計画してて
センサーや内部に汚れなどが無いかしっかりチェックしてもらい
充実した撮影をいっぱいしたいです。
DSC_0495_convert_20170807071326.jpg



旧ブログの時に挟んでお伝えしたのですがデビュー旅に向けて
速く慣れたい一心で撮ってましたがある日SDカードを付けた
USBカードリーダーをPCに繋ぎチェックし一度外したまではよかったんですが
再度繋いだら破損してて見れなくなり一部修復出来ましたが
お伝えしたかったお話ができなかったことをお詫びいたします。


ここまでのおつきあいありがとうございました。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: カメラ

Theme: デジタル一眼レフ

Genre: 写真

Tags : nikon D7200 ニコンプラザ 名古屋

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新しいレンズ Nikon10-24購入

 【27//2017】

1ヶ月前のことですが新しいレンズ買いました。


D7200購入から4ヶ月経過し18-140のレンズキットセットで購入しましたが
もっと良い画が撮りたいという欲が勝り10-24の広角レンズを購入しました。
DSC_5199_convert_20170720055141.jpg
DSC_5200_convert_20170720055200.jpg


中にあったレンズを早速開けて取り出しました。
DSC_5211_convert_20170720055350.jpg


距離点を位置するメモリには0.3から∞までありますが
スペックには0.24mと載っており近くから超広角で撮ることが出来ます。
35mm換算で15-36レンズの画角に相当し109度とワイドな画が撮れるのが特徴です。
DSC_5210_convert_20170720055407.jpg


メモリを見ると10、12、15、18・・・24と載ってます。
先代のSONYの16-105のレンズを愛用してまして18より少し広角よりの16までは経験ありますが
10-15は未知の領域でどんな世界が待ってるかとても楽しみです。
DSC_5209_convert_20170720055432.jpg



パッケージの中には花形フードと何とソフトケースがついてました。
SONYのαシリーズ(55、65)を使ってた頃新たにレンズ買った時でも
ケースがついてこなかったのにうれしいです。
ニコンのレンズのカタログを見るとレンズによって有無があり
いいものに対してはついてくるようです。
DSC_5207_convert_20170720055324.jpg


買った時期が時期だけにこの翌月に18旅があることをわかってたので
SDカードも追加で買いました。64Gで今持ってるカメラのSサイズ(2992×2000)のFINEで9100枚入ります。
32Gでも4600入りますが主に大きな旅専用に回そうかと練ってます。
DSC_5204_convert_20170720055254.jpg



実際にNikon D7200に10-24のレンズをつけてみました。
IMAG0581_convert_20170720061942.jpg


横から見てもレンズの口径がデカくいいのが撮れそうな気がし期待を膨らませました。
IMAG0582_convert_20170720061951.jpg



現在使ってるレンズ(←キャップ付けろっちゅ~ねん!・笑)と
今回買ったレンズの大きな違いを見ると18-140にVRの文字がありますが
10-24にはありません。VRとは手ぶれ補正機能のことです。
一般的に広角レンズに手ぶれ補正は不要というのを聞きますが
6月30日にニコンから発売した10-20には付いてて今回買ったのには無く
夕方から夜の時間帯でも撮影をする俺にとって恩恵を受けてるだけに悩みましたが・・・・
もしD5500やD5600だったら10-20にし手軽で持ち運びも
楽そうだからという理由で買ってたのかもしれませんが
D7200の素晴らしいポテンシャルやもっと画質のいいのが撮りたいということを考えると
10万しますが10-24のレンズを買う決め手となりました。
IMAG0572_convert_20170720061914.jpg


実際に撮ってみた画も載せましょう。
10-24の一番広角の10で撮ってみました。
先代の時は16-105のSONY純正で撮ることが殆どでしたが
15から10は文字通り初めての域に入りますが
新幹線車両の鼻の長さを強調してますね。
DSC_5221_convert_20170724090325.jpg


18-140の18で合わせるとギリギリか少しだけ先頭部が切れてしまいそうです。
列車の停車位置がホーム長いっぱいの所だと列車の先頭部わずかしか見れず
思い描いたのが撮れないことは確かです。
DSC_5224_convert_20170724090343.jpg


今度は別の所で撮ったのを。まずは18-140の広角の18で撮ったのを。
これではビルのタワー部分しか撮れてないですね。
DSC_5226_convert_20170724090454.jpg


今度は10-24の一番広角部分を。これならタワーだけでなく目の前の交差点の様子までしっかり捉えてますね。
ワイドな画角なので敷地の狭い場所でも結構いいのが撮れそうです。
DSC_5230_convert_20170724090535.jpg


ある駅のホームからは自分がいる場所だけでなく周りの風景も入り
よりワイドな画が撮れてるように見えます。
試し撮りとはいえ今後の電車旅の駅巡りを中心に登場するのではと考えてます。
DSC_5465_convert_20170801072214.jpg


購入したレンズの箱をよく見るとDXの文字がありますね。
これはDXフォーマット専用でいわゆるAPS-C専用のレンズであります。
ニコンにはもう一つFXフォーマットといわれるものがありこれはフルサイズ機の名称です。
俺みたいな貧乏人がフルサイズ機に手が出ないのはわかってますが・・・(汗)
せめて今回のようなお高いレンズやDXフォーマット最強といわれる
フラッグシップ機D500は買えるようにはしたいと思ってます。
レンズと聞くと愛好家の間でレンズ沼というのを耳にします。
俺はそうならない範囲で自分が欲しいのと必要なのはどれなのか考え選んでます。
数年経ってD500、或いは後継モデルが欲しいと言いそうなのは目に見え(苦笑)
泥仕合にならずこれや今持ってる18-140等でいい写真を皆さんにお届けしたいです。
DSC_5201_convert_20170720055241.jpg



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: カメラ

Theme: デジタル一眼レフ

Genre: 写真

Tags : Nikon レンズ 広角レンズ

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

カメラの遍歴 ~my camera history~

 【12//2017】

新ブログへ移転し何人の人が来てくれるのか正直不安でしたが・・・
以前と変わらずたくさんの方が訪問してくれたのでホッとしています。

再出発した新旅記録何から話そうか考えましたが・・・。
旧ブログ立ち上げた頃から今日まで使ってきたカメラのお話をしましょう。


立ち上げの直前と2009年の秘蔵旅記で使ったコンデジは
10年前に買ったSONYのサイバーショット800万画素のでしたが
立ち上げ直後の2011年6月に購入したのがデジタル一眼レフとしては初のα55でした。
デザインもコンパクトで持ち運びやすいものでした。
camera history α55



コンデジ時代日中の時は問題なく撮ることは出来てたんですが・・・。
camera history-1



夜の撮影時に出る強烈なノイズに悩まされ撮影可能な範囲が制限され
もっといいのを撮りたいと言い続けては壁に当たり悩まされました。
camera history-2


10年近く前の今では見ることが出来ない貴重な写真も出しちゃいます(笑)
金沢から東京・上野へ向かう2つの夜行列車のショットもハイビームを炊かれると
見事なまでの玉砕で細かいノイズがいっぱい出てるのがわかります。
camera history-3



がコンデジからデジタル一眼レフになって撮影可能箇所が増えビル下のホームでも。
camera history-4


今は無き夜行列車が集う深夜の時間も綺麗に撮れコンデジとは雲泥の差です。
camera history-5


一方で購入当時ピントをうまく合わせれずピンボケの画も・・・(苦笑)
camera story-6


これもよく見るとボケて見えますねぇ・・。
camera story-7



コンデジで撮れずにいて悩んでいたのが消化されると同時に
撮れる範囲が広まり一眼レフの楽しさというのを教えてくれた機種でありました。
camera story-8


一眼の楽しさを教えてくれたα55でしたが・・・諸事情で泣く泣く手放した後の
後任は55の発展型と申し上げてもいいα65でした。
これから発表する2月までの旅で活躍した機種で先代の1600万画素から
2400万画素数へ大幅アップしました。
が実際旅で使ってて初期の頃肉眼で見た時と実際撮った時のギャップに悩まされ
思ったような画が撮れず苦悩していた時期がありました。
camera history α65 



使い始めて数か月から1年弱ぐらいのことでした。
日中で使う時は問題なかったんですが夜間や地下駅等で使う場合
空や天井が暗く思い描いてたのとちょっと違うように思い
どうやったら肉眼で見たのと撮ったのと一致出来るのかなと苦しんでました。
camera history-9

camera history-15




それでもノイズ低減機能を活用しコントラスト値を変えてみたり
あらゆる機能を活用しようやく思ったような画が撮れるようになりました。
α65後期・晩期は割と良いのが撮れてるなと振り返ることが多く
紆余曲折の多かった機種でありましたが今となっては笑い話になれると振り返ってます。
camera history-11


そしてフィルム時代を含め一眼レフカメラの中では3年に渡り大活躍した機種で
西は福岡、四国は愛媛の伊予大洲、北は北海道まで行きまして
2014年の年末年始の旅では4度訪問した中で唯一道東を回った機種でありました。
釧路までならまだしも更に東の果て根室を攻め
俺も一線超えてしまいクレージーなことしてるなと思いながら
素晴らしき北の大地の雪景色を眺めながら道中を楽しみました。
一線超えたといえば翌年はもっと過酷な旅をし小樽の運命の決断で
倶知安経由の山線攻めをしこちらも素晴らしい風景の連続でありましたが
旅の後原因不明の体調不良に悩まされ春を迎えるまで不安定な状態が続きました。
camera history-10


そしてこの3月に購入したのはNikon D7200
先代の65を使っていた頃から他ののメーカーの機種を使ってみたいと思い
候補だったCanon EOS80DかD7200で悩み続けた結果こちらにしました。
α時代はエントリークラスの機材を使ってて中級クラスはこれが初めてです。
ISO感度も今までは100、200、400、800・・・と続いたのが200~400の間に250や320といった
細かい設定が出来るようになったのでジャストフィットポイントが増え
旅がなくお休みの日の用事ついでに帯同させることがとても多いこの頃です。
camera history Nikon D7200




7200を使いだしてからは機材のポテンシャルの凄さに感激してしまい
厳しい撮影環境下の中でもこれだけの力を発揮してます。
強烈なハイビームを喰らおうがここまで耐えれるのでどっからでもかかって来い!と
今年の阪神タイガースのスローガンである「挑む」という気持ちでガンガン撮っています。
camera history-12


勿論日中の好天時もですが青空の色合いがα65時代に比べナチュラルな感じに仕上がってるようです。
camera history-14



4月のデビュー旅から今日まで使ってて率直に言えるのは
今は写真を撮るのがとても楽しくて仕方ないです。
このシチュエーションだろうが時に必死のパッチで時に一撮入魂の
(時にはぶざまな画を出しながらも・・・)記録ををお伝えしていきます。
がそのお話しするには2月の旅記録連載終了してからになるので
もう少しだけ待ってて下さい・・・(滝汗)
camera history-13



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: カメラ

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : SONY α55 α65 Nikon D7200

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る