2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

2017最後の日帰り電車旅 京阪大津線をもう一度 リンク集

 【30//2018】

2017年12月3日
#01 京阪石山駅から再スタート
#02 京阪石山坂本線 石場駅。島ノ関駅
#03 京阪石山坂本線 近江神宮前駅と錦織車庫
#04 京阪石山坂本線 終点、坂本駅
DSC_6135_convert_20180517020815.jpg

#05 京阪石山坂本線 別所駅
#06 京阪石山坂本線 三井寺駅
#07 浜大津の併用軌道を行き来する列車
#08 京阪京津線 2017最後の日帰り電車旅END
DSC_6604_convert_20180517024320.jpg



次回から2017最後の電車旅、2本目の年末年始の旅をお送りします。
お楽しみに。


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 電車旅リンク集

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 京阪大津線 石山坂本線 京津線 浜大津 大手私鉄 滋賀県

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京阪京津線 2017最後の日帰り電車旅END

 【28//2018】

撮影に熱中してたら夕方4時を迎えようとしてました。
ここから京都へ向かうまでに何駅か寄るので浜大津駅にやってきました。
DSC_6515_convert_20180430043620.jpg



3月17日にびわこ浜大津駅に改称されこの駅名標も見納めです。
当時の駅名で行く最後の電車旅になることは予感してました。
DSC_6520_convert_20180430043634.jpg


これから乗るのは16:17発京都市役所前行き。
DSC_6538_convert_20180430051034.jpg



さっきまで撮影でいた併用軌道区間を列車で行きます。
大通りの真ん中を列車が進むのを展望するのも迫力ありますね。
DSC_6541_convert_20180430051713.jpg


交差点の右に専用道があり列車が往来します。
この辺りはJR大津駅にも近いので歩いて10~15分ほどで行ける場所です。
DSC_6552_convert_20180430051727.jpg


次にやってきたのは大谷駅です。
2月に旅した時も訪問しましたので再訪問であります。
DSC_6573_convert_20180430051740.jpg


日の入りが迫り残り時間と格闘しながら駅を巡ります。
DSC_6576_convert_20180430052337.jpg


ホームにある椅子が左右で長さが違うのがわかりますね。
これもこの駅が勾配の上に造られたのでこのような構造になったのです。
DSC_6578_convert_20180430052410.jpg



さっきまで乗ってきた区間を見ると急カーブが待ってます。
DSC_6575_convert_20180430061216.jpg



次は駅構内踏切から。
ここから見てもホーム上にも勾配があることがわかります。
DSC_6582_convert_20180430075439.jpg


簡素で小さな駅舎の両側は民家に挟まれてましてこの大きさだと素通りしてしまいます。
DSC_6620_convert_20180430075451.jpg


夕方4時半を過ぎ空は夕日が出て後何分明るい時間が残ってるのか
カウントダウンしながら駅前の様子を見ていきます。
歩道橋前には百人一首10番に出てくる蝉丸の名言の衝立が建ってて
そうここは逢坂の山のふもとで東海道で難所の一つに上がります。
一番の難所は言わずと知れた天下の険・箱根ですね。
この佇まいも2回目の訪問ながらお気に入りリストに加わりました。
DSC_6586_convert_20180430075746.jpg


駅前にある大谷茶屋の駐車場には。
DSC_6593_convert_20180430075808.jpg


坂本駅で見た時より更に鮮やかに色づいた紅葉の木が立ってました。
この日見た中では一番ではないかという素晴らしい色合いです。
京都は紅葉スポットがたくさんあり人混みの中で見れないよりは
独り占め出来る場所で見るのが一番っすね。
DSC_6613_convert_20180430075822.jpg



踏切の先は国道1号線があり逢坂の山の中にある駅前のS字カーブを走る車がいて
行楽、お出かけで楽しみ次の週の現実という日常に戻るための家路に向かう人がいました。
DSC_6611_convert_20180430075837.jpg


巡ってたら30分経過する直前まで来て京都から来た浜大津行きが
緩いカーブを通過し駅に入ってきます。
京都方面から大谷駅に入る直前の登り勾配の曲線もお気に入りで
シャッターポイントの一つに上がります。
DSC_6623_convert_20180430075708.jpg


大谷駅に入った列車も従来の色でしたが20年に渡って走り続けた色も
数年後には新塗装に塗りなおされ走り続けていきます。
DSC_6629_convert_20180430075719.jpg



駅前やホームのポストには38.5や40の数字がありこれは‰を指してます。
DSC_6607_convert_20180430075859.jpg


京阪京津線は最大61‰の勾配を往来する区間もあり
峠を越える列車の写真を撮りに行きたいですが
3月のダイヤ改正で日中の本数が減ったので
一発勝負くらいのつもりでいかないかんですね。
DSC_6631_convert_20180430075912.jpg



前回は15分と駆け足でしたが今回は30分めぐり来た列車に乗ります。
DSC_6633_convert_20180430075926.jpg


次は京阪山科駅にやってきました。
DSC_6636_convert_20180430075937.jpg



が時計の針は夕方5時を迎えました。
DSC_6639_convert_20180430075951.jpg



空の様子もブルーモーメントの美しい時間帯に入ります。
DSC_6640_convert_20180430080941.jpg



古都・京都に合わせてか和風の平屋の小さな駅舎が建ってますが
この駅に来るのは3度目です。
DSC_6641_convert_20180430080953.jpg


隣接するのはJR山科駅でこちらの方が圧倒的に利用者は多いです。
京阪山科はこの先の京都・三条方面への運賃が割高で
特に地下鉄開業後は地下鉄と京津線の料金が別々に加算され開業前より更に高くなりました。
前回同様企画切符で利用してるのでノープロブレムで元がっつり取ってます(笑)
DSC_6642_convert_20180430081006.jpg



駅前は商業施設もあり交通量も多くにぎやかな印象を受けます。
疲れもあったので目の前にあるデパートの建物で小休憩しました。
DSC_6647_convert_20180430082029.jpg



駅に戻った時は完全に夜を迎えてしまいました。
この時期は本当に暗くなるのが早く5月から8月位の長い時期が恋しくなるんです。
今この話を書いてる5月終わりは朝5時前に明るくなり7時に夜を迎えるので
日照時間が長く旅するにはベスト時期かもしれません。
DSC_6648_convert_20180430082048.jpg


次の列車が来る直前、京都から来た浜大津行きが停車中。
地下鉄、山岳区間、併用軌道と三者三様の異なる場所を走る列車は
高コストでありながら万能な働きをしてる凄い車両であります。
DSC_6652_convert_20180430082111.jpg


40分ほどいた京阪山科とお別れの列車に乗り後は地下区間を消化するだけです。
DSC_6654_convert_20180430082122.jpg


その後烏丸駅近くで寄り道した後夜7時過ぎ京都駅に着きました。
山科からJRで行けば5分で行ける所を遠回りしながら戻るのは
蹴上や三条に用事がなければ回ることはないのですがこれも電車旅の楽しみの一つでありますね。
DSC_6661_convert_20180524005524.jpg



改札を出て京都駅前にそびえ立つ京都タワー。
日中見るのもいいですが夜のタワーも素晴らしいです。
今年最後の日帰り旅は2月に行った続編でありましたが坂本まで乗り
一先ず完乗し別所、坂本が3月17日で駅名が変わる前に訪問出来た一方
お気に入りの80型リバイバル塗装が錦織車庫でお休みしてたのはショックでしたが
2020年3月末まで走る予定なので次回は必ず撮りたいです。
新駅名になって2か月経ちましたが知らない内に訪問することは既定路線なので
新装開店した京阪大津線の姿が見れることを楽しみにしながらお開きとしたいと思います。
いつものように最後までのお付き合いありがとうございました。
DSC_6671_convert_20180524005601.jpg



カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 大津線 京津線 大手私鉄 滋賀県 京都

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

浜大津の併用軌道を行き来する列車

 【26//2018】

三井寺駅から隣の駅までは距離も近く歩いて行けるので散歩がてら
併用軌道を走る列車を撮りながら向かう先に次の駅が微かに見えました。
DSC_6282_convert_20180426074507.jpg


歩いた先に浜大津駅と交差点があります。
DSC_6301_convert_20180426080440.jpg



駅前の交差点から列車が来ました。
幾度かすれ違った比叡山・びわこラッピング車が駅を出て
隣の駅に向かうまでにある併用軌道をゆっくり走っていきます。
DSC_6298_convert_20180426081255.jpg


となればあれしかないですね。
そう浜大津駅前の交差点を中心に併用軌道を往来する列車達を追いかけます。
DSC_6302_convert_20180426082327.jpg



三井寺を出てきた列車がきました。
DSC_6340_convert_20180426082410.jpg


交差点で一時停止し信号が変わったら駅へ入っていきます。
DSC_6341_convert_20180426085759.jpg


入れ替わり駅から出てきた列車が進んでいきます。
新塗装は京阪本線で見る色と同じでこれからお付き合いする色です。
DSC_6345_convert_20180426085740.jpg


S字カーブを抜け三井寺へ向かっていきました。
DSC_6348_convert_20180426085826.jpg


万両力石という中華料理屋の横を通る列車。
車体下には大津ガスの広告がつけられてます。
前半戦では見かけることがなくこの時初めて見ました。
DSC_6365_convert_20180426085904.jpg


数十分後一つ前の写真の編成が近江神宮前から折り返し戻ってきて。
DSC_6383_convert_20180426085928.jpg


交差点を通り浜大津駅に入っていきました。
列車がまっすぐ行き来する光景は地元の人は日常ですが
俺のようによそから来たものにとっては非日常で迫力ある瞬間を
撮るためだけにここに集ってるようです。
DSC_6386_convert_20180426085950.jpg



石山坂本線はここまでにし今度は京津線の列車を。
DSC_6324_convert_20180430033852.jpg



交差点の信号が列車専用の青信号になったのを確認し急カーブを切り入ります。
DSC_6329_convert_20180430034204.jpg


京津線浜大津止まりで折り返しの列車が信号待ちをしてます。
この瞬間も大事な時間です。
DSC_6349_convert_20180430042257.jpg


急カーブを出て京都地下鉄の太秦天神川へ向かう列車が出てきました。
太秦天神川は今年で開業10周年を迎え嵐電の乗換駅でもあります。
DSC_6358_convert_20180430042313.jpg



ここから次の上栄町へは緩やかな上り坂を通ります。
DSC_6309_convert_20180426082357.jpg


交差点を左に曲がりゆっくりと800系が登っていきます。
この日は新塗装車はお休みでしたが1編成しか確認できて無かった為
残りの編成は水色を基調とした編成が運転してたと推測してます。
DSC_6427_convert_20180430042854.jpg


DSC_6433_convert_20180430043130.jpg


DSC_6443_convert_20180430043205.jpg


少し先へ行き大津のアーケード街の一つである丸屋町商店街前に来てます。
DSC_6467_convert_20180430043245.jpg


昔ながらの風情あるアーケード入口の横を通る列車。
気持ち露出暗めで見にくく若干明るくてもよかったかもしれませんが
そうなると今度は後ろの空が白飛び気味になるので
全体をバランスよく撮影するのは難しいと感じた瞬間です。
DSC_6471_convert_20180430043352.jpg


最後は浜大津駅に向かう列車を。
上栄町を出て併用軌道に入り下っていきます。
ここでガンガン撮り鉄してましたが連写機能を活用しベストショットを
多く作れるよう努めてました。
DSC_6478_convert_20180430043509.jpg


創業120余年の歴史を誇る三井寺力餅の家屋を通過していき。
DSC_6487_convert_20180430043539.jpg


交差点の信号が専用の侵入に代わると駅に入っていきました。
DSC_6491_convert_20180430043605.jpg



三井寺駅から歩いてここまで来て休憩はさみながら撮影してたら夕方4時前を迎えてました。
12月は冬至もあり1年で一番日照時間が短いので浜大津駅前の列車撮影を切り上げますが
この場所を走る風景はこれからも何度でも行きたい場所です。
DSC_6474_convert_20180430043412.jpg



カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR



ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪大津線 石山坂本線 京津線 大手私鉄 滋賀県 浜大津 併用軌道

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京阪石山坂本線 三井寺駅

 【24//2018】

次は三井寺駅にやってきました。
3月17日に両隣りの駅名が変わったのでこの駅名標も見納めとなりました。
DSC_6213_convert_20180423094344.jpg



早速駅を巡っていきます。
対面式のホームとホームの長さは
幾度か見た石山寺本線で見かけた駅と変わらない長さです。
DSC_6212_convert_20180426031919.jpg



石山寺方面入口も大きな駅舎がある駅以外で見かけるような建物です。
DSC_6220_convert_20180426043959.jpg


反対の坂本方面は駅出てすぐ短い鉄橋を渡ります。
DSC_6223_convert_20180426044219.jpg


歩いてすぐの橋から見たに小さな鉄橋の下を流れてるのは琵琶湖疏水です。
琵琶湖の湖水を京都に流すために造られた水路であります。
湖からトンネルを抜け京都に入り蹴上、鴨川を経て宇治川に放水してます。
蹴上と言いますとインクラインが有名で周辺にはレンガ造りのトンネルや発電所があり
古都・京都の中で明治時代に建てられた建築物があり
4月初めは桜スポットとしても有名で機会あれば一度行ってみたいです。
DSC_6237_convert_20180426044305.jpg


疏水の小さな鉄橋を京阪電車が渡ります。
DSC_6241_convert_20180426051812.jpg


お昼過ぎ逆光の時間帯に来てしまいましたが・・・2月に行けなかった場所に行くことが出来ました。
次は午前中の順光時にここで行き来する列車を撮影したいです。
DSC_6250_convert_20180426051838.jpg



反対側の入口に平屋の駅舎がありました。
利用者は如何ほどかわかりかねますがコインロッカーも完備されてます。
駅から距離がありますが日本三不動の一つである三井寺の最寄り駅です。
DSC_6228_convert_20180426044112.jpg


石山寺方面のホームを出ると普通の道がありそこから線路が敷かれてますね。
俺の身体のどこかにある必死のパッチゲージが急上昇してきました。
DSC_6251_convert_20180426051942.jpg


とそこへ石山寺行きが出ていき次の浜大津駅に向かうまでの間併用軌道を通過します。
ここからと京津線の上栄町出た直後から車が通る道を電車が通ります。
このような所を列車が走る姿を乗ったり撮ったりするのが好きでお気に入り区間です。
DSC_6230_convert_20180426052105.jpg


隣の浜大津まではここから近いので歩いていきます。
DSC_6254_convert_20180426052200.jpg



直後ちはやふる号がやってきました。
今旅前半の主役は間違いなくこの編成でしたが
80型リバイバル色が運転してないので喜び半減です。
DSC_6259_convert_20180426054438.jpg


前後で色が異なり後ろは水色を基調とした色合いでバックの山とのマッチングもいいですね。
DSC_6260_convert_20180426054501.jpg


直後反対から来た列車は従来の色でした。
このホームからこの色の編成を見る機会は徐々に減っていきます。
DSC_6264_convert_20180426054552.jpg



浜大津に向かいますがポイントが悪かったのか車両が日陰に当たってしまいました・・・(トホホ)
DSC_6270_convert_20180426055625.jpg


電柱にはこの案内がありました。
10月に江ノ電乗った時も江ノ島から腰越の間で幾度となく見かけました。
DSC_6272_convert_20180426055730.jpg


小さな宅急便と京阪電車。それも新塗装が来ました。
次に訪問する時は新色の割合が増えてるかもしれませんが
こればっかりは来てからのお楽しみとしか言えません。
DSC_6276_convert_20180426060643.jpg


途中にある小さな公園でも紅葉が綺麗に色づき秋が終わり冬に入って間もないですが
所々で秋の名残を惜しむかのように咲き乱れてる紅葉がありました。
DSC_6279_convert_20180426064823.jpg


カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 京阪大津線 石山坂本線 大手私鉄 滋賀県 琵琶湖疏水 三井寺

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京阪石山坂本線 別所駅

 【22//2018】

やってきた石山寺行きは最初に見た比叡山・びわ湖号で
この日運転してる車両の中では一番気に入ってる編成です。
DSC_6174_convert_20180423091409.jpg



30分程滞在した坂本駅にお別れし次の駅へ向かいます。
DSC_6175_convert_20180423093155.jpg


さっきまで向かってた区間の様子を最後尾から。
三井寺を出て別所を過ぎてから終点坂本までは線形が良く直線が続き
向かうときは下り坂だったのが戻ってる今は上り坂を上がってます。
DSC_6178_convert_20180423093410.jpg


大津市湖西地区は京都、大阪へのベッドタウンでもあるので住宅地を通過していきます。
DSC_6183_convert_20180423093437.jpg



次は別所駅にやってきました。
DSC_6187_convert_20180423093516.jpg


こちらも対面式のホームですが坂本方面と石山寺方面で上屋の長さが異なってます。
DSC_6192_convert_20180423093545.jpg


反対ホームの壁には多くのカモメらしきイラストが描かれてますが大津市の鳥であります。
DSC_6193_convert_20180423093604.jpg


手前にあるベンチは無機質ながら年季が入っててローカル駅で見かけるような風情があり
誰もいないホームの中寂しさもありますが自由に撮影してました。
DSC_6191_convert_20180423093533.jpg

DSC_6194_convert_20180423093625.jpg


石山坂本線を通しで乗って思うのはここから浜大津方面は街の中を走るイメージです。
DSC_6195_convert_20180423093637.jpg


反対側に目を向けると隣の駅と停車中の列車が見え
近江神宮前までは距離が近くこうした風景を見ることが出来ます。
ここから終点坂本までは線形が良いものの急こう配もあり起伏のある区間を走ります。
DSC_6188_convert_20180423093652.jpg


平屋の駅舎が建ってて中々のもので左のシャッターが閉まってる箇所は
かつて売店が営業してて利用者の多さがうかがえましたが
如何せんこの時間帯で駅前にいたのは俺だけなのでそんな訳ないやろとお叱りを受けかねませんが・・・。
DSC_6198_convert_20180423093716.jpg


駅舎前にいる間に石山寺行きが来ました。
この編成もこの日だけで何回目撃したのかわかりませんが
新旧混合の中従来色を見ることが出来ました。
DSC_6200_convert_20180423093738.jpg



駅前交差点の先に大津市役所があり
3月17日に別所駅から大津市役所前に改称されたのもここに市役所があるからです。
DSC_6202_convert_20180423093751.jpg


踏切渡った先には皇子山運動公園があります。
門を通って右側が陸上競技場、左が運動公園や野球場があります。
隣の現京阪大津京駅からですと皇子山球場が近く
滋賀県のスポーツの中心といっていい場所です。
DSC_6203_convert_20180423093813.jpg


全景見ても県道と踏切の先の運動公園の間に駅があり目の前の道路が
日常の中にある小さな駅という印象を強くさせてます。
DSC_6205_convert_20180423094300.jpg


反対側は柵が建てられ入ることが出来ませんがかつては入口として使われたのでしょうか。
DSC_6206_convert_20180423094310.jpg


日曜日のお昼で普段なら市役所に用事があって下車する人もいたんでしょうが
休館日であるこの日はこれがこの駅の日常なのかもしれません。
DSC_6207_convert_20180423094321.jpg


大津市役所前駅になる3か月半前の別所駅巡りをぼちぼち切り上げて次の駅へ向かいます。
DSC_6211_convert_20180423094334.jpg


カメラ:Nikon D7200+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 京阪大津線 石山坂本線 大手私鉄 滋賀県

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る