2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

京阪浜大津駅の併用軌道を行き交う列車達

 【11//2017】

前回のつづき。

浜大津駅に来たということはこれを楽しみでやって来ました。

一般道の中を列車が走る姿を収めようと思いここにやってきたのです。
2月の電車旅メインイベントの幕開けであります。
DSC07845_convert_20170724023533.jpg


じっくり待ってたら80型リバイバル塗装車が四度戻ってきました。
いきなり見れてうれしいですがこの場所を列車内とここから見ることが出来ました。
DSC07846_convert_20170724041333.jpg


信号待ち後列車は駅に向かって入線していきました。
DSC07849_convert_20170724041535.jpg


直後入れ替わって反対から列車がやってきて
今度はダークグリーンの色合いが渋い坂本ケーブルのラッピング車が出てきました。
DSC07854_convert_20170724065535.jpg


今度は別角度から。同じ方向から下半分に付けられたおーいお茶の編成です。
DSC07863_convert_20170724065634.jpg


冬場とはいえ日差しに照らされて列車は坂本方面に向かっていきます。
DSC07865_convert_20170724065655.jpg



次に来たのは800系に施された琵琶湖疏水観光キャンペーン車がやってきました。
よーく見るとABCのアナウンサーとエビシーがいますね。
DSC07880_convert_20170724065738.jpg



交差点で待ってる時に京津線800系が出てきました。
出た後信号が変わってから駅に入っていきます。
DSC07881_convert_20170724065823.jpg


今度はデッキの上から行き来する瞬間を撮りましょう。
DSC07885_convert_20170724071348.jpg


石山寺からここに戻ってきた80型復刻色。これで5回目の登場。
浜大津に来るまでに1度でいいから会えたらいいなと思ってたのが
近江神宮前でいきなり会えてこの区間を乗車しました。
ある種これに会うために来たような感じですが今持ってるカメラで
もう一度この車両を撮りたいですね。というか今すぐにでも行きたいっす(笑)
DSC07888_convert_20170724071539.jpg


今度は京津線いきましょう。上栄町から併用軌道を下ってきた800系が
交差点の急カーブを曲がり駅に入っていきます。
DSC07886_convert_20170724071553.jpg



この後折り返し同じ道を辿り京都へと向かっていきます。
車の交通量は撮った写真ごとにまちまちですがこれは結構多かった方ですね。
DSC07890_convert_20170724071620.jpg


デッキでの撮影はここまでにして今度は場所変えて近くから迫力あるシーンを撮ります。
ここは交通量も多く車が通ってるのが少ない方を選ぶか多い方を選ぶかによって変わりますが
とにかく撮っていきましょう。
DSC07872_convert_20170724072937.jpg


交通量が多い時はAF設定で撮ってるのでピント合わせても
実際来た時に狙うとズレが生じる可能性もあるので結構神経使います。
この状況でも列車が行く瞬間を撮れたのでヨシとしましょうか。
DSC07861_convert_20170724073133.jpg


4両編成の水色の車体が急カーブを曲がるとき蛇のように長く見えますね。
規則では全長30mを超える車両は路上を走れませんがここは特例を受けて走ってます。
京津線のダイヤは15分に1本ですが上栄町からやって来るのも踏まえるともっと短く感じます。
DSC07909_convert_20170724073210.jpg

DSC07911_convert_20170724073227.jpg


近くで見ると列車が上ってるように見えます。
目の前だからわかる風景ですが至近距離で大柄の電車が路上を走ってる風景は
まず見れませんが伊予鉄道の大手町駅のダイヤモンドクロスもその一つで
あの風景も俺は気に入ってます。
DSC07912_convert_20170724073241.jpg


列車が登り車がやって来る瞬間のシーン。何とか撮れたみたいですが
こうしてみると色々と勉強になることばかりで腕を上げてかなくてはと思うことが多いです。
DSC07928_convert_20170724073327.jpg


最後は浜大津に向かうシーンを撮りお開きとしましょう。
DSC07918_convert_20170724073304.jpg


目の前に電車がいると迫力が違いますね。
石山坂本線は道路幅が広く割と小柄な車両が行き来してたのですが
この画は何かを伝えようとしてるように見えます。
DSC07920_convert_20170724073410.jpg


楽しい浜大津併用軌道を走る列車の撮り鉄大会はここまで。
次は京津線に乗車します。
DSC07924_convert_20170724073442.jpg




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 滋賀県 浜大津 大手私鉄 併用軌道

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京阪石山坂本線・京津線 浜大津駅

 【09//2017】

前回のつづき。


石山寺駅まで制し再び戻ります。
目の前には名神高速道路の高架橋が見えます。
DSC07810_convert_20170720094115.jpg


京阪石山、膳所を過ぎ大津市内中心部へ戻ってきて次の駅が迫ってきました。
DSC07816_convert_20170720094220.jpg


次はお待ちかねにして楽しみにしていた浜大津駅であります。
今回の旅の中で一番のメインと言ってもいいでしょう。
DSC07823_convert_20170720094236.jpg


早速駅を巡りましょう。島式のホームで上屋も全面につけられて
京阪大津線の主要駅の貫禄十分ですね。
これまで降り立った駅がローカルの雰囲気が漂ってたのに別世界に来たようです。
DSC07826_convert_20170720094252.jpg


前半乗った石山坂本線の列車が停車しますがホーム長が長く
2両編成の列車は余すくらいでしっかり撮ることが出来ました。
DSC07818_convert_20170720095926.jpg

DSC07829_convert_20170722064518.jpg


石山寺寄りには引き上げ線があり前日見た800系が停まってました。
これは浜大津止まりの列車が一度ここに向かい隣のホームに向かう為に使われます。
DSC07833_convert_20170722064632.jpg


4両分のホームの長さギリギリ入りまして16-105の広角いっぱいに使い
何とか列車の画をカメラに収めることが出来ました。
実のこと言いますと先月真ん中位にNikonの新しいレンズを買いました。
このお話は現在の連載が終わった後お話ししますのでお楽しみに。
DSC07835_convert_20170722070301.jpg


その809編成には「琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。」のラッピングが
車体下半分に施されています。
初めて聞きましたが琵琶湖疏水とは琵琶湖の水を京都に流すために造られた水路のことです。
最寄りはお隣の三井寺駅近くから京都市へ流れ途中蹴上も通ります。
この旅の後、蹴上のインクラインやレンガ造りの門やトンネルが気になってて
次回京都か京阪大津線乗る機会があったら時間作って行きたいです。
DSC07837_convert_20170722070321.jpg

DSC07836_convert_20170722070340.jpg


その後響けユーフォニアムの可愛いラッピングが施された車両が入ってきました。
幕表には団体と載っており一般の人は入ることが出来ず貸切列車のようですね。
DSC07838_convert_20170722070532.jpg


路線図に目をやると今まで乗ってた石山坂本線と
もう一つは京津線(けいしん)といい山科を経て御陵から京都市地下鉄に変わり太秦天神川まで運転しています。
途中にある三条京阪は1997年秋地下鉄東西線開業でできた駅で
それまでは京津三条という起点駅があり地下鉄と引き換えに廃止となったのですが
相互運転はしてるものの所要時間と運賃がかかり芳しくないという声も聞きます。
DSC07839_convert_20170722070552.jpg
DSC07827_convert_20170722064611.jpg


1880年官設鉄道の大津駅(初代)として開業。
1889年に一度廃止するも9年後に再開し1913年現駅名に改称し現在の場所に移転したのが1981年です。
浜大津の名で見れるのは来年春までで3月にはびわこ浜大津駅に変わります。
長年親しまれてきただけにイメージアップと知名度上げの為に改称するのは悪くありませんが
俺は変えなくてもいいかなと疑問に思ってます。
DSC07844_convert_20170722070619.jpg


この駅は第三回近畿の駅百選に認定されてます。
DSC07929_convert_20170722075338.jpg



浜大津駅の一番にして最大の見所はやはりこれでしょう。
俺もこれを楽しみでここにやってきました。
DSC07841_convert_20170722075318.jpg


とその前に駅前の様子ももう少しだけ見たいと思います。
デッキからは日本一大きい湖琵琶湖が見えます。
大津港の建物もありここからはミシガンクルーズという大きな遊覧船が出ていて
湖の風景を楽しめます。
DSC07891_convert_20170722075639.jpg


別の所からは湖岸道路が敷かれてて2車線の広い道路が整備されてます。
その先には商業施設がありホテルも併設されてます。
ちょっと曇ってきて肌寒かったのであの建物へ向かいました。
DSC07894_convert_20170722075653.jpg


時間的にもお昼ごはん時でしたので湖の駅にある食堂でうどんをいただきました。
次は浜大津駅前の併用軌道を往来する列車の撮影記をお伝えします。
IMAG1591_convert_20170629082934.jpg




ブログランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

Category: 京阪

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京阪 大手私鉄 滋賀県 大津市 併用軌道

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る